子供

ナツいアツ。間違った。

梅雨も明けて、7月も後半、夏スタート!ですね^^

先週から今週にかけて、東京をあとにし、地元の四国へ帰省していました。

今回の目的は、①友人の結婚式への参列 ②姉の生まれたばかりの姪っ子に会う こと。

プラス、育ち盛りの甥っ子2人から元気と疲労をもらいながら、友達の家に1泊して、一緒に挙式に行って、それからすぐに帰って来ました!

姉の赤ちゃんはとても小さく、抱き上げるのもいたわしかったです。

Img_9864

Img_9410

Img_9879

私の育った家のすぐ近くに「坊ちゃんスタジアム」という球場があります。

家から歩いて徒歩10分くらいでしょうか。何度か野球観戦に行ったことがあります。

この写真は私の家のすぐそばで撮ったものですが、新しい幹線道路を作るために立ち退き命令の出された家はすでに壊されて、空き地になっているところが目立ちます。

私の友達の家ももうありません。育った場所の風景が変わっていくのは、なんとも悲しいものですね・・・時代は移りゆくものと、割り切るしかないのかもしれないけれど。

Img_9591

| | コメント (14) | トラックバック (0)

子供たちの世界

私の姉には2人の男の子がいて、たまに実家に帰る私は、2人に会えるのを楽しみにしています。(兄が4歳1ヶ月、弟が1歳11ヶ月)

子供って、すごく成長が早くて、数ヶ月帰らなかっただけで全く違う顔を見せていたりするものです。自分も通ってきた道なのに、全く覚えていませんね・・・ハイ。

男の子の兄弟ってとても激しいです。ある程度年齢が増してくると、結構ぎょっとするような仕打ちをお互いにしていたりするし・・・弟の顔をほっぺたに爪痕が残るくらい強くつまんでる兄の姿を何度か見ました(笑)やられ慣れている弟は知らん顔ですが・・・

私は3姉妹で育ったし、姉とはある程度年齢が離れていたので、多分、そんなことってなかったんじゃないかな~。どうでしょ?姉さん?

この写真はうちの祖父の家の庭で撮ったものです。庭に鯉が泳いでいる池があるのですが、池の掃除用に網が2本置いてあるんです。そして、2人の格好の遊び道具になるわけです・・・。鯉は恐怖で、池の端に避難してます。

もうやりたい放題です。靴や服はじゅるじゅるです。

そして、弟が勝った瞬間を激写!

「僕もやりたいんですけどぉ~。貸してほしいんですけどぉ~。」

Img_8781

「貸してくれないなら自力でいっちゃいまぁす~。」

Img_8782

「フン!奪取成功!!(勝ち誇ってニンマリ)」

Img_8778

「ふっふっふっ、邪魔者はいなくなったぜよ。」

・・・もう、背中がいっぱしの仕事師のようです・・・

Img_8807

「誰も近付かせねぇ!」

・・・相当気合いが入ってます・・・

Img_8805

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新しいいのち

親戚のお姉さんに12月26日、赤ちゃんが生まれました。

新しいいのちは、とても小さく震えていました。

一生懸命繰り返されるか細い呼吸音。

そっと私の手を握りかえしてくる弱い力。

けれど強く光る「生きている」サイン。

私はお母さんになれるか分からないけど、もしいつかなれたら、か弱い、でも、逞しくこの世に生を受けた新しいいのちに何かをしてあげられたらいいな。。

そんな風に思いながら、優しい気持ちでカメラを向けていました。

Img_9012

Img_9064

Img_9077

Img_9094

Img_9029

| | コメント (14) | トラックバック (0)